服の臭いに関する悩み

ポリエステルはなぜ汗臭くなるの?理由と対策を徹底解説

  1. HOME >
  2. 服の臭いに関する悩み >

ポリエステルはなぜ汗臭くなるの?理由と対策を徹底解説

「ポリエステルの服がすごく汗臭い」と感じたことがある方も多いのではないでしょうか?

服がすごく汗臭い・・・

自分では気づいていなくても、まわりは意外とにおいに敏感で言わないだけかもしれません。

せっかくお気に入りの服で出かけても汗臭いと思われたら最悪ですからね。

今回は「なぜポリエステルは汗臭くなりやすいのか?」その理由と対策を徹底解説していきます。

ポリエステルが汗臭い理由

服の繊維は大きく分けて2種類あります。

化学繊維(ポリエステル)

ポリエステルの服が汗臭くなるのは、綿や麻の服と比べると表面がツルツルしていて吸水性・通気性が悪く、汗が服に吸収されるまで時間がかかるため、皮膚に汗が残った状態でいるので菌が皮膚に増殖しやすい環境になります。

特に脇は、汗腺が多く脇汗を多くかきやすいので、皮膚の菌がとても繁殖しやすく、ポリエステルの服を着ることで常に脇が湿った状態でいるので余計に臭いが酷くなってしまいます。

ポリエステルは綿と比べ、吸水性が悪いので同じ感覚で洗ってしまうと汚れが落ちず、臭いが残ってしまうというわけです。

ポリエステルの洗濯の仕方は下記で詳しくご説明しています。

天然繊維(綿や麻)

天然素材で作られた綿や麻には表面に無数の隙間があり、吸水性・通気性に優れているのが特徴です。

綿や麻にもメリットデメリットがあるのでご紹介します。

綿
メリット

・吸水性が高い
・通気性が高い
・肌に優しい
・保湿効果がある

デメリット

・麻と比べると速乾性が低い

[br num="1"]

メリット

・吸水性が高い
・通気性が高い
・速乾性がある
・放熱性が高い

デメリット

・肌触りが悪く、シワになりやすい

[br num="1"]
上記で挙げているように、綿や麻の服を着ることで汗の臭いを抑えることが出来ます。

ポリエステルは悪いところばかりではない

ここまでの流れだとポリエステルは悪いところしか挙げられていませんが、ポリエステルにもしっかりとしたメリットがあります。

主なメリットとして綿や麻に比べると圧倒的に耐久性に優れていて、価格も非常にリーズナブルです。

一番のポイントとして、みなさんはサウナスーツはご存知でしょうか?

サウナスーツはスポーツ選手などがトレーニングをするときに着用している服ですが、ほとんどがポリエステル100%で作らていて、名前の通り、サウナに入っているかのように暑くなり、体温を外に逃がさず、発汗作用を高め汗をかきやすしています。

主に汗をかくことで代謝が促進され、ダイエット効果やトレーニングなどに向いています。

ポリエステルの服の汗の臭いを落とす効果的な洗濯方法

一番重要なのが汗がついた状態でいつまでも置いておかないこと。

高温のお湯につけ置きし選択することで臭いを取り除くことが出来ます。

感熱滅菌と同じですが、基本、熱による滅菌はお湯が沸騰する100度ほどまで温度を上げるのが普通ですが、ポリエステル素材の衣服を100度のお湯に浸けると繊維が変形したり、痛んでしまったりするので40度から50度くらいの温度を目安に1時間ほど浸け置きして洗うといいでしょう。

また浸け置きするときも粉末状の漂白剤を使用することでかなりのニオイや汚れを取り除くことが出来ます。

ポリエステルの汗の臭い対策

ポリエステルの衣服は値段もリーズナブルなのでほとんどの方が普段でも着用しているかと思います。

しかし、それが原因でワキガでもないのにワキガだと間違えられたり、汗臭くて不潔だと思われますのでしっかりと対策をしておきましょう。

ポリエステルの汗の臭い対策1 吸水性の高い服を重ね着をする

ポリエステルの服は熱を気化させる効果はありますが、吸水性が悪いので汗が皮膚に溜まり菌が増殖して臭いの原因になるので、ポリエステルの衣類や下着を着用する場合は、吸湿性の良い素材のものを先に重ね着すると良いでしょう。

上記でも挙げた、高い吸水性がある綿(コットン)や麻などの天然繊維などの組み合わせがベストです。

洗濯やお手入れも簡単で、汗かきの方にもベストの素材です。

吸水性の高い薄めのインナーシャツなどをポリエステルの中に着れば、汗をよく吸い取ってくれるので臭いを抑えることが出来ます。

通気性・吸水性におススメの服や下着

半袖になりますが、綿100%のナチュラルな着心地。肌触りの良さ、着心地の良いカッティング、ハードな洗濯に対応できる優れた耐久性が特徴です。

95%超長綿、5%スパンデックス。人間工学に則った立体構造で局部を包み込むように作られていて、湿気を逃がし蒸れを防ぐのが特徴です。

綿100%フライス(美容成分を配合した加工)。天然保湿成分やコラーゲン、抗菌防臭成分を配合。

綿95%、スパンデックス5%。高通気性 伸縮性に優れていて、ゴムを使っていないので締め付け感がなく、肌にやさしくストレスフリーが特徴です。

ポリエステルの服の汗の臭いの対策2 こまめに汗を拭く

これはポリエステルに限らず身体中の汗に関することに共通していますが、汗をかいたらこまめに拭きとることで細菌の増殖を減らすことができ、汗の臭いを抑えることが出来ます。

汗を拭くときはタオルなど固い繊維のものは肌を傷つけ臭いの元にもなるので極力避けて、汗拭きパッドや汗拭きシートを使うといいでしょう。

拭いても拭いても汗が出てくる人は、制汗剤を使うと汗や臭いを手っ取り早く抑えることが出来ます。

ポリエステルの服の汗の臭いの対策3 一番おススメ

ポリエステルの汗の臭い対策として一番おススメなのが制汗剤を使用することで、制汗剤は汗や臭い対策にも効果的で拭き取る手間や汗をかいて恥ずかしい思いをせずにすみます。

とくにポリエステルの服は、ワキガと同じような独特な臭いがするので直接塗りこむタイプの制汗剤なら制汗効果が高く、保湿効果も含まれており、持続時間も長いので確実です。

そこでおススメなのが【クリアネオ(CLEANEO)】です。

クリアネオは、ワキガや足臭などのニオイのきつい部位でさえ10秒で消し去ることを武器にしており、汗を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されており、パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗効果がかなり高く、厚生労働省が制汗効果が優れているという医薬部外品です。



また、脇や足だけでなく全身に使うことができ、天然成分である茶エキス・シャクヤクエキス・ハマメリエキス・クマザサエキスなどが配合され、安全面にもこだわって作られている肌に優しい無添加無香料のクリームです。

私もクリアネオはいつも使っています。

なんと今ならクリアネオ公式サイトから購入すると、クリアネオだけでなく、衣類消臭スプレーやクリアネオボディーソープなどのお試し品が付属でついてきます。

クリアネオは絶対の自信があるので効果が感じられなかったり、肌に異常があった場合は、無期限永久返金保証がついているので全額返金してもらうことができます

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト