汗に悩む人のページ

背中の汗が多い原因は?背中の汗を抑える方法や対処法

  1. HOME >
  2. 汗に悩む人のページ >

背中の汗が多い原因は?背中の汗を抑える方法や対処法

背中に汗をかくと服が透けたり、背中にくっついたりと不快な気持ちになっている人も多いのではないでしょうか?

他人と比べて背中の汗が多い気がする。夏になると背中の汗染みがすごい気になる。

他の部位に比べ背中の汗だけが多いのはなぜでしょうか?

背中の汗はケアをしにくいうえ、そのままにしておくと体臭の原因にもなります。

背中に汗を抑えるには原因を知ることが大切です。

それでは考えられる原因や背中の汗を抑える対処法を紹介していていきます。

背中の汗が多い原因は?

はじめに、手(腕)や足と比べ、背中には多くの汗腺が存在しています。

背中は身体の中で一番大きいパーツのため、他の部位より汗腺が多くなっています。

人は、汗をかくと身体じゅうの汗腺からまんべんなく汗をかきます。

関連:汗かきの原因と汗が出る理由を徹底的に解説

この汗が極度に偏って出ているということは、身体になにかしらの異常が起きているかもしれません。

まず考えられる原因をご紹介します。

乾きにくい服(素材)を着ている

背中に汗をかくことは正常ですが、汗を吸ってもなかなか乾きにくい素材の、
・綿
・麻
・絹

などを使用した服を着ていると、汗は蒸発しにくく、肌の上にとどまりつづけてしまいます。

汗が蒸発せず、皮膚に汗がたまり続けると、汗の臭いの原因になったり、背中を伝う嫌な汗になってしまうことがあります。

運動不足は汗腺の機能が低下する

人は激しい運動をすると、1時間に2リットルほどの汗をかくと言われています。

人は運動をすると体温が上昇するので、上昇した体温を下げようとするためです。

しかし、運動不足の人の場合には、汗腺が働くことがないので、汗腺の機能がどんどん低下してしまいます。

急に低下していくものではありませんが、汗腺の機能は、下半身や手足からどんどん低下していきます。

他の部位の汗腺機能が低下すると、必然的に汗腺が多く集まっている背中から流れるようになります。

運動不足のままだと、今度は背中よりも多くの汗腺をもつ額や脇から汗をかきやすくなり、より汗をかきやすくなると不快感が増すどころか、他人の視界さえ気になってしまします。

運動不足の方は、軽いジョギングでもいいので少しずつ運動量を増やし、汗腺を鍛えなおすことが大切です。

食生活の乱れ

もう一つ背中の汗を引き起こす大きな原因として、日常の食生活の乱れが関係しています。特に脂質が高い脂っこい食べ物や、アルコールの飲み過ぎは、背中の汗の原因となります。

最近の日本の食生活は欧米化が進んできているので注意が必要です。

夏野菜は熱を下げる効果があるので、汗を抑制する食事として最適です。

夏野菜は、水分とカリウムが豊富で、体内の熱を尿として外に排出する役割を持ちます。

<夏野菜の代表的な食べ物>
キュウリ、ナス、トマト、ゴーヤなど

更年期障害が原因?体温調節機能の低下

ホットフラッシュの代表的な症状

「ホットフラッシュ」という言葉はご存じでしょうか?

「ホットフラッシュ」とは、更年期障害の中でも代表的な症状で、自律神経が乱れ、ほてりや発汗・多汗などが起こります。

自律神経が乱れると体温調節機能がうまく働かなくなるので、体温調節機能が狂ってしまい、急にほてってきて汗をかきやすくなったり、汗腺の多い背中や額から、一気に汗が吹き出すようになってしまいます。

関連:冬なのに汗をかきやすく臭い。冬に汗をかく人の特徴や原因を徹底解説 

ホットフラッシュの他にも更年期障害特有の動悸や頭痛、イライラなどの症状がある方は一度疑ってみるといいでしょう。

更年期障害は食事療法や薬などで抑えることが可能です。

エアコンの温度設定

エアコンの温度設定が外気と差がありすぎると、体温調節機能が落ちてしまい、背中に汗をかいてしまいます。エアコンの温度設定は、外気との差が3~4℃くらいが身体に最適な温度と言われています。

暑いからと言ってエアコンの温度を下げすぎないように気を付けましょう。

背中に汗をかいたときの対処法

背中の汗は抑えることはできても、多少は出てしまうもの。

汗をかいてしまった場合の対処法を知るだけで、感じ方が違うのでぜひ参考にしてみてください。

背中の汗ジミを目立たなくする服

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト