汗に悩む人のページ 顔汗に関する悩み

緊張すると汗が止まらない。緊張汗を抑える方法

  1. HOME >
  2. 汗に悩む人のページ >

緊張すると汗が止まらない。緊張汗を抑える方法

緊張すると汗をかく原因と緊張汗を抑える方法を解説していきます。

緊張すると汗が止まらない。緊張汗を抑える方法

緊張して汗をかく悩みとして一番多くあげられているのが大勢の前で発表をしたりするときなどですが、みなさんも人前に出るのが不安などいろいろと悩みではないでしょうか?

緊張をすればするほど精神的な理由で大量の汗をかいてしまうということもよくあります。

そういう精神的な理由からかく汗を精神性発汗といいます。

緊張すると汗をかく原因

なぜ緊張すると人は汗をかくのかご存知でしょうか?

緊張すると汗をかく原因としては、人は緊張しているときは自律神経のうちの交感神経が活発に働いています。

交感神経は発汗をつかさどる役割がありますので、器官的に発汗が起こりやすい状態になっています。

緊張汗を抑える方法

緊張汗を抑える方法は、当然緊張をほぐすことで汗が緩和されますので緊張をほぐす方法をご紹介します。



制汗剤を使う

緊張する場面で目立つ汗といえば顔汗です。まずは顔汗対策からご紹介します。

日本初の顔汗対策制汗剤
特徴としては高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛が汗腺に働きかけ顔汗を抑えます。顔専用だけあり低刺激にこだわった処方です。

created by Rinker
ハーバーリンクスジャパン

[br num="1"]

呼吸法を変えてみる

上記でも説明しましたが、緊張すると自律神経のひとつの交感神経が活発になります。

自律神経は無意識に働いているので自分の意思ではどうしようもありませんが、
呼吸の方法を変えてみることで間接的に自律神経に影響を与えることができます。
[br num="1"]

4・7・8呼吸法

1.はじめに、完全に息を吐き出す

2.口を閉じ、鼻から4秒間息を吸う。「空気中の酸素を吸い込むイメージ」

3.息をそのまま7秒間止める。   「体中に酸素が行き渡るイメージ」

4.8秒かけて口から息をゆっくり「フーッ」と吐き出す。「肺からすべての酸素を絞りだすイメージ」

5.上記2~4を3~4回繰り返す。

[br num="1"]
4・7・8呼吸法をすることにより普通の深呼吸とは違い、より集中的なリラックス効果を得ることが出来ますが

慣れるまでは少し苦しいかもしれません。

筋弛緩法を試す

筋弛緩法とは、筋肉にぐっと力をいれたのち一気に脱力することで無駄に緊張していた筋肉などの緊張もときほぐすことが出来ます。
[br num="1"]

筋弛緩法

共通事項

1.ほぐしたい部位に対し7~8割の力で5~8秒力を入れる。※全力で力を入れないこと。

2.ふっと一気に力を抜き、10秒程度脱力する。その部位が軽くなったか意識すること。

[br num="1"]
筋弛緩法は、リラックス方法はもちろんですが、腰痛対策などにも有効ですので知識として覚えておくといいと思います。

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト