汗に悩む人のページ 顔汗に関する悩み

脂汗は病気のサイン!?脂汗の原因と対策

  1. HOME >
  2. 汗に悩む人のページ >

脂汗は病気のサイン!?脂汗の原因と対策

脂汗と聞くとあまりいいイメージの汗ではありませんが、その脂汗に悩んでいる人も多いはず。

脂汗はどんなときに出るのか、また脂汗が引き起こす病気について徹底解説していきます。

そもそも脂汗とは?

脂汗という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、実際どういうものなのかを説明していきます。

脂汗とは、緊張しているときや、苦しいときになどにじっとりとにじみ出る汗のことで、
おでこや鼻、あごなど皮脂分泌が多い箇所を中心に脂ぎった汗をかきます。

また、脂汗にも通常の脂汗と病気や怪我といったときに出る異常な脂汗の2種類があります。

通常の脂汗

日常生活の中で暑い時期に熱いものを食べたり、緊張や興奮が高まったときなど、汗をかいたときにテカリやベタベタしている汗が通常の脂汗です。

この脂汗が尋常じゃない量でなければ特に気にする必要もありませんが、通常の脂汗をかいてしまうのも様々な原因があります。

通常の脂汗の原因と対策を1つ1つ解説していきます。

食生活が原因

今の日本人は欧米化が進んでいるので脂肪分や油分の多い食事をとる傾向があります。その為、体中に皮脂が溜まり血液が脂っぽくドロドロして代謝が悪くなり、汗もべたついた脂汗になります。

対策として野菜を出来るだけ多く取るように心がけ、ビタミンやミネラルなどバランスのいい食事を摂ることで脂汗は改善されます。

ストレスや緊張が原因

[br num="1"]
ストレスや緊張は、交感神経の働きが活発なるので、エクリン線から出る通常の汗に皮脂が過剰に分泌され、それが汗と混じり脂汗となります。

ホルモンが多く分泌されると脂汗が出やすくなるので、それが原因で毛穴が固く詰まりやすくなってニキビなどの肌のトラブルの原因にもなります。

対策として普段からストレスを溜めず、心を穏やかに保つようにするのが一番なのですが、実際、日常にはストレスの要因は付きまとうので、ストレスを溜めないようにするのは簡単なことではありません。

しかし、ストレスの解消法を試すことでストレスを抑えることがきでますのでご紹介します。

ストレス解消法

ガムを噛む
脳が刺激されリラックス効果があります。

手のひらのツボを刺激する
手のひらの丁度真ん中に「労力」というツボがあるので、5秒間ゆっくり刺激するとリラックス効果があります。

深呼吸をする
深呼吸をすることで、副交感神経が刺激されるのでリラックス効果が得られます。

体を動かす
理想は20分以上の有酸素運動をすることで、脳が刺激されることでリラックス効果が得られ、ダイエット効果にもなります。

感動する映画を見る
感動し涙を流すことで、副交感神経が刺激されるのでリラックス効果があります。

旅行や田舎に行ってみる
旅行で田舎など行くことで気分転換ができる上、マイナスイオンでリラックス効果が得られます。

湯船につかる
39度前後の湯船につかることで、血行がよくなり体の緊張がほぐれることでリラックス効果を得られます。

大声を出す
カラオケなどで大声を出すことで脳が刺激され、ストレス発散になります。

ストレスを発散しリラックスすることで心筋梗塞の予防にもつながります。

[br num="1"]

水分不足が原因

水分不足も脂汗が出る原因になります。汗をかくからといって水分を摂らずにいると脂だけが浮きが上がってきます。しっかり水分を摂ることで、血液の流れが良くなり、老廃物の代謝がスムーズになります。

スキンケア

脂汗でべたつかないように、脂汗をかいたときにはテカリやべたつきをこまめに拭き取り、制汗剤や化粧水などで肌を整えることで脂汗を抑えることが出来るので、化粧の下地にも使えるおすすめの制汗剤をご紹介します。

顔汗訴求 

顔汗予防にサラフェプラスがおすすめ。

【サラフェ】
は、日本初の顔用制汗ジェル。発売以来約10万本の大ヒットしており、朝に塗ることで「顔汗ダラッダラ…」だった方でも、有効成分の働きで汗や皮脂をしっかり抑制できます。

制汗効果は、毛穴の奥で汗の作られる量を減らし収斂効果(毛穴を引き締めること)で汗の粒が小さくなるで、
肌表面で蒸発しやすくなり汗が垂れてこなくなります。

サラフェの詳細

・日本初、顔用制汗白色ジェルクリーム(柔らかめのテクスチャ)

・肌に乗せると透明になるため、白浮きの心配はありません

・美容成分が豊富なので、化粧水・乳液・下地効果まで含んだオールインワンジェルとして使用可能

・無香料(若干の香りは成分そのものの香り)

・容器が小さく持ち歩きしやすく、最後の1gまでしっかりと使い切ることができます(1本で1ヶ月~1ヶ月半使用可能)

・化粧水⇒サラフェ ◎

・化粧下地として使用可能

・化粧をした上からでも使用可能

・オイル系の商品との併用はできません。

[br num="1"]
汗対策商品比較表  

クリックで拡大できます。

[br num="1"]

未使用と使用の効果の違い

サラフェプラス使い方動画

公式サイトはこちらから↓

[br num="1"]
制汗剤は一番簡単で効率よく汗の悩みを解決できるので、手前をかけたくない人や時間がない方におススメです。

異常な脂汗

異常な脂汗にも2種類あり、怪我や病気をしたときなど体に苦痛を感じたときにでる脂汗と深刻な病気の前にでる脂汗があります。

怪我や病気による脂汗

腹痛や頭痛、他にも生理痛や怪我などで脂汗が出る場合は、まず痛みを消すことが先決で、その症状に合った薬を飲むことで脂汗を抑えることが出来ます。

○○に出ると病気のサイン

おでこや胸、手のひらや足の裏など限られている場所に長いこと脂汗が出る場合は、脳梗塞や心筋梗塞、腸閉塞などの病気のサインもしれません。

ただの脂汗だと思い込み、そのままにしておくと取り返しのつかないことになるかもしれません。

自分は大丈夫だと思っていても、上記の場所に長く脂汗が出る場合は専門の病院で受診するようにしましょう。

たかが脂汗と軽く見てしまう脂汗ですが、心筋梗塞などの病気のサインで現れるときもあるのでしっかり脂汗の原因を見極めて状態にあった脂汗対策をすることが大切です。

テカリ訴求

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト