汗に悩む人のページ

汗をかくと尿が出ないのはなぜ?汗と尿の関係を徹底解説

  1. HOME >
  2. 汗に悩む人のページ >

汗をかくと尿が出ないのはなぜ?汗と尿の関係を徹底解説

汗をかくと尿が出ないと言われますが、汗と尿にはどのような関係があるのでしょうか。

ここでは汗と尿の関係を見てみます。

尿の量が気になる方は、豆知識として入れておくのもいいでしょう。

汗をかくと尿の量が減るのはなぜ?

暑い夏場、大量の汗をかくことがありますが、そのときにトイレの回数が減る経験をしたことがある人が大半だと思います。

これはつまり、それだけ本来出てくる尿の量が減ったことを意味しますが、その場合の汗と尿の関係が気になります。

確かに、トイレの回数が減るということは、それだけ汗がたくさん出るようなイメージがありますが、
人は、外の温度が上がると体温調整をする為に、体の表面から水分を蒸発させることで体温を下げています。

暑い夏場は特に体温を下げようと汗をかくので、身体からその分の水分が失われることになり、それが直接的に尿の量にも関係しているのです。

これは季節にもよりますが、例えば、暑い夏場は冬場と比べてトイレの回数が半分以下になります。

成人の尿量

成人の尿量は体重1キロ当たり、1時間で1ミリリットルの尿が生成されて、成人男性の場合だと1日で約1000CC~1500ccの尿が作られています。

暑い夏場は、どんなに多く水分を摂っても汗にまわる割合が多く、尿にまわる量は500cc~1000ccだと言われています。

このように汗の量が多いと、その分、出てくる尿の量も減ってしまいますので、全体的なトイレの回数が減ってくるのです。

トイレの回数が減ると夏バテになりやすい?

汗と尿の関係は分かりましたが、夏場などにトイレの回数が減ると夏バテになりやすいとい話もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

私たちの尿は、腎臓で全身にある血液が濾過された後に不要となった老廃物を含んだものです。

身体に十分な量の水分を補給してあげないと腎臓は正常に尿を作ることができないので、水分が足りないと尿を体外に排出できなくなります。

そのような状態が続いた腎臓は、少ない水分を使用して、何とか身体に溜まった老廃物を外に排出しようといます。

そして、汗によって体内の水分がドンドンと失われていきますので、尿を作る水分がますます足りなくなり、それが原因でより多くの老廃物が体に溜まってしまうことになります。

身体の中でそのような悪循環が繰り返されると、次第に腎臓の機能が低下していき、夏バテの症状を引き起こしてしまいます。

夏バテで悩んでいる方は、汗と尿の関係を理解しておくと役立ちます。

また、大量の汗をかいたときは、すぐにその分の水分補給してあげることも大切です。

利尿作用あるものを摂取

夏バテになりやすい状況を改善するためには、その対策としては利尿作用のある食べ物の摂取がオススメです。

もちろん水分の補給も大切ですが、それと並行して利尿効果の高い食べ物を摂取するとトイレの回数を増やすことが出来るのでご紹介します。

利尿作用のあるもの

・紅茶・・・利尿作用以外にも、脂肪燃焼、風邪予防や口臭予防効果があります。

・牛乳、豆乳など・・・カリウムを含んでいるため利尿作用があります。

・アボカド・・・利尿効果もあり、生活習慣病などにも効果的。

・ほうれん草・・・利尿作用以外に貧血予防にもなります。

・バナナ、トマト・・・利尿作用以外に、低カロリーかつビタミンB2などが豊富に含まれています。

・スイカやウリ系・・・失われやすいミネラルを多く含んでいます。

[br num="1"]

数多い食べ物の中でも、特にウリ科の野菜類は利尿作用が高いと言われていますので、試してみるといいでしょう。

サプリを飲む

いくら飲み物を飲んでも、汗を大量にかいてしまってはせっかく摂取した水分がほぼ抜けていきます。

そこで汗を抑えるサプリメントを飲むことで、正常な量の水分を尿にまわすことができるので腎臓が活発になり適正な老廃物を排出できるようになります。

アセッパーは、スイカやトマトなどの成分が含まれており、日本国内の厳しい基準と品質に拘って作られているので、水分足りない場合でも、身体の内側から必要な栄養素をサポートしてくれます。

特徴

・ビタミンEの100倍の抗酸化作用を持つ4種類の汗ケア成分が汗を分散!

・美容成分コエンザイムQ10配合

・添加物なしの厳選した野菜や果物のみを使用

・180日の全額返金保証!

[br num="1"]

効果を感じられなかったら180日間の全額返金保証がついているので、汗をよくかく人は試してみるといいでしょう。

公式サイトはこちら↓

制汗剤も大切ですが、汗を多くかいたときは、失われた塩分やミネラルを補いながら水分補給を行う、これを第一に考え忘れないでください。

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト