ワキガの原因と対策 加齢臭の悩み

加齢臭とはどんな臭い?加齢臭はいつから始まるのかその原因と対策方法

  1. HOME >
  2. 汗に悩む人のページ >
  3. ワキガの原因と対策 >

加齢臭とはどんな臭い?加齢臭はいつから始まるのかその原因と対策方法

みなさんも一度は加齢臭というのを聞いたことがあるのではないでしょうか?

今ではIT化が進み、月間平均18,000回検索されているほど加齢臭は悩みの種になっています。

実際加齢臭は避けては通れない道ですが、加齢臭がいつから始まるのかその原因を知り加齢に向けて対策をしているだけで後々の臭いが大きく変わってきますので今からしっかり加齢臭対策をしていきましょう。

また、既に加齢臭が出ているいった場合は早急に対策をすることでに加齢臭を抑えることができます。

そもそも加齢臭とはどんな臭い?

実際のところ、加齢臭は人それぞれ臭いが異なり、「この臭いがするから加齢臭」とは言い切れないのが現状です。

しかし、世間一般からみて、どんな臭いの種類が加齢臭なのかはある程度共通しているところはあります。

加齢臭の臭いの種類

・ろうそくのような臭い

・チーズ臭

・古い本の臭い

・古いタンスの臭い

・押入れの中の湿気た臭い

・酸化した油

・調理後、数日経過した天ぷらの臭い

・腐った魚(腐乱臭)

[br num="1"]
加齢臭にもなぜこのように様々な臭いの種類があるのかというと、加齢臭を発している人の生活環境や、臭いを受ける側の人の感じ方が異なるため、一概に「この臭いがするから加齢臭」と決めることが言えないのです。

すぐに出来る加齢臭セルフチェック

上記でもお伝えしたように、臭いだけだと加齢臭だと決め付けにくいところがあります。

下記の加齢臭セルフチェックで各項目にどれだけ該当するかによって、加齢臭が発生する可能性があるかどうかチェックが出来るので目安にしてみましょう。

加齢臭セルフチェック

□ 肉類や脂っこい料理が好み
□ 野菜や果物を食べない
□ 酒をよく飲む
□ タバコを吸っている
□ 生活が不規則
□ 睡眠不足
□ 運動不足
□ ストレスを溜めやすい
□ 脂性肌
□ 便秘気味
□ 人から体臭が臭いといわれたことがある
□ 枕やシーツが臭い
□ 年齢が40歳以上

[br num="1"]

該当項目が5個以上当てはまってる方は、加齢臭を発生する可能性が高くなります。逆に少ないからといって安心せず、年齢とともに加齢臭は発生しやすくなるので今からしっかりと対策をしておきましょう。

加齢臭はいつから始まる?

加齢臭は男性特有の臭いと思いがちですが、女性にも加齢臭は発生します。

特に女性の加齢臭は男性と比べ、30代後半から40代にかけて女性ホルモンが減少し始めるのでそれに伴って加齢臭が気になるようになります。

女性の加齢臭の原因は、女性ホルモンは皮脂分泌を抑える作用がありますが、加齢にともないホルモンの分泌量が減るので、男性と同じ皮脂腺からのノネナールの分泌量が増え加齢臭を発生します。

ノネナールとは、人間の皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸(過酸化皮脂)が酸化し分解してしまうと加齢臭の元となるノネナールに変化します。

加齢臭は女性の方が強い!?

女性は男性と違い、更年期を過ぎるとさらに女性ホルモンが減っていくのでそれに伴い、皮脂腺の抑えが効かなくなり、より加齢臭が出やすく、臭いも強くなります。

さらに年齢とともに活性酸素が増えていくので、それに比例して過酸化物質も一緒に増加し、皮脂の酸化が進むので動物性たんぱくが腐ったような臭いを発生させるのです。

男性の加齢臭はいつから始まる?

男性の加齢臭は40歳を迎えたあたりから発生します。

男性は女性と違い、皮脂が多い傾向があるので初めは臭いが強いですが、男性は60歳前後から男性ホルモンの分泌が減少し始めるのでそれに伴い、皮脂の分泌も減り、加齢臭も弱まっていく傾向にあります。

男性の加齢臭は40歳を迎えたあたりと述べましたが、30代の男性も独特な臭いがあることが知られています。

30代の男性特有の古い油のような臭いはベラルゴン酸という物質が原因で、ノネナールとは全く異なる物質で、体幹部に属する首や背中などから分泌された皮脂が酸化することで臭いを発生させます。

加齢臭の元は複合臭

加齢臭の元はノネナールなのですが、ノネナール単体ではさほど不快に感じることはありません。

加齢臭が強く不快に感じる原因は、他の臭いと混ざりあったときに複合臭となり人は加齢臭だと認識するのです。

主な臭いの原因は、体臭やたばこの臭い、香水や整髪量などと混ざり合うことで加齢臭の臭いは2倍も3倍も強くなります。

これから始める加齢臭対策

加齢臭が出ている人やまだ出ていない人も今からでも遅くないので加齢臭対策に取り組みましょう。

加齢臭を軽減させる身体の洗い方

加齢臭は皮脂の酸化によるものなので、加齢臭の原因である皮脂を丁寧に洗い落とすことで臭いを抑えることが出来ます。

皮脂の分泌が多い部位

・頭皮

・顔の額から鼻にかけてのTゾーン

・耳の後ろから首

・胸の周り

・脇

・背中

・へそ周辺

・陰部周辺

一番の基本は、皮脂の分泌が多い部位を丁寧に洗い落とすことが重要です。

しかし、注意すべきは皮脂を過剰に取りすぎると皮脂は肌の保湿の役割もしているので、それが取れてしまい、体が肌の乾燥を防ぐため皮脂を過剰に分泌するので逆に臭いを発生させてしまいます。

下記では皮脂を落としすぎないおススメな洗い方ですのでぜひ実践してみて下さい。

身体の洗い方(泡立て)

身体を洗う前にしっかりと泡立ててからよく洗いましょう。

洗顔するときと同じ要領で泡立てることで、毛穴の奥まで石鹸の成分が入り込みきっちりと汚れを落としてくれます。

素手で優しく洗う

しっかり泡立てたら、全身を手のひらで洗います。素手(手のひら)で洗うのが肌には刺激が一番少なくおすすめ。

あかすりで洗う場合は、綿で作られた素材のものを使うようにしましょう。ナイロン製や固い刺激のものは肌を傷つけ皮脂を過剰に落としてしまいます。

すすぎ残しがないように洗い流す

最後にすすぎ残しがないようにしっかり洗い流すことが大事です。

すすぎ残しがあると浮いてきた雑菌がそのまま臭いの元となるので、雑菌が増殖しやすくなります。

においを発生させないようにするために、最後のすすぎは念入りに洗い流しましょう。

加齢臭予防のため石鹸選び

加齢臭対策

加齢臭予防には石鹸選びも重要です。

石鹸選びのポイント

・抗酸化物質が配合

・菌を抑制する成分が配合されているか

・無添加,無臭

・メンソールやアルコール系はNG

そこで加齢臭対策に絶大な人気を誇っている石鹸をご紹介します。

加齢臭対策にはクリアネオ

ワキガクリームで絶大な人気を誇るクリアネオが、新たに発売したボディーソープです。

・メーカー・・株式会社ソーシャルテック
・価格・・・・¥2,480
・消臭力・・・★★★★★
・保証・・・・無期限全額補償
・定期便・・・なし

菌の繁殖を抑える0-シオン-5-オール、抗菌作用のあるクマサザ葉エキス・シャクヤク根エキス・オウゴン根エキス・ユーカリ葉油が消臭成分として配合されています。厚生労働大省から認定されている医学部外品になっていることからも、高い消臭力があります。天然由来の消臭成分なので肌への安全性も完璧。

着色料・石油系界面活性剤・鉱物油などの化学物質は使っておらず、完全無添加なボディーソープで肌にも優しく、敏感肌の人も安心して使うことが出来ます。

保湿成分はヒアルロン酸Na・アロエベラ葉エキス・アルゲエキス・シャクヤク根エキスの4種類。乾燥しがちなお風呂上りもしっとり肌を保てます。女性が喜ぶユーカリの香りも加齢臭と相性が良いです。

洗浄力・消臭力・保湿力という、加齢臭対策に必要な項目をバランス良く満たしているボディーソープです。

体臭に特化した商品を多数扱っているメーカーだからこそ、絶対の自信があるので永久全額補償がついています。

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト