汗に悩む人のページ 汗もの悩み 赤ちゃんの汗に関する悩み

汗で首がかゆい!放置すると大変なことに!?汗かぶれが首にできる原因と対策

  1. HOME >
  2. 汗に悩む人のページ >

汗で首がかゆい!放置すると大変なことに!?汗かぶれが首にできる原因と対策

汗をかくたび「首がかゆい」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

汗からくるかゆみというと「あせも」と思いがちですが、首がかゆい原因のほとんどは汗かぶれによるものなのです。

汗かぶれが首にできたときに適切な対策をしておかないと、かゆみやあかみ、湿疹などの症状を繰り返し、悪化させていきます。

今回は汗かぶれが首にできやすい原因と対策について解説していきます。

通常バナー

汗かぶれとあせもの違い

汗かぶれとあせもを一緒に思いがちですが、汗かぶれとあせもは同じような部位に出来きますが、根本的に症状に違いがあります。

汗かぶれとあせもの見た目

 

 

汗かぶれとあせもの見た目も違いがあり、汗かぶれの症状はかゆみや赤みが面状が現れますが、あせものだと汗腺の位置に点々と症状が現れます。

汗かぶれとあせもの特徴

あせも、大量の汗をかいたり、ジワジワと長時間にわたって汗をかき続けると、汚れや皮脂で汗腺が詰まってしまい、肌の内部に溜まった汗によって水ぶくれや炎症を起こしたりする症状です。

汗が溜まるだけだと、かゆみなどの自覚症状はなく、小さな水ぶくれができる程度ですが、溜まった汗が炎症を起こすと肌に赤いブツブツができかゆくなります。

汗腺が未発達な状態である幼児に起こりやすいのが特徴です。

一方、汗かぶれは、乾燥やふやけ、こすれなどで角層のバリアが弱くなった肌に、自分の汗腺から出た汗が浸入し、かゆみや赤みが面で広くでてくる症状です。

子供から大人まで起こりやすいのが特徴です。

汗かぶれが首にできる原因

 

 

汗かぶれが首にできやすいのは、本来、肌にはバリア機能があり、外部の刺激から肌を守るように出来ていますが、首に汗が溜まりやすい衣服を着ていたり、加齢や乾燥などで肌のバリアが弱くなったときに、衣服で肌が擦れると、いったん外に出た汗の成分が汗腺の隙間から入り込み、肌に刺激を与えてしまうのが原因です。

汗かぶれは首やお腹、ひじの内側といった場所に多くできやすいので汗が溜まりやすく擦れやすい部位は注意が必要です。

 

汗かぶれ対策

汗かぶれ対策として一番大切なのは、肌のバリアを損なわないようにすることです。

肌のバリアを損なわないようにするには、日々の日常生活から取り組む必要があるので、今日からしっかり対策していきましょう。

過度の入浴

汗が気になるからといって過度に入浴しすぎたり、身体をゴシゴシ洗い過ぎると、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

皮脂がなくなると、肌が乾燥しやすく、同時にバリア機能も損なう原因となり、汗かぶれをおこしやすくなるので、過度な入浴には気をつけ、しっかりと泡立ててから身体を優しく洗いましょう

※ナイロン製のあかすりは、繊維が固いので肌を傷つけ、必要な皮脂を取ってしまうので素手や絹、または綿の素材で洗うようにしましょう

 

肌の保湿

 

入浴後や乾燥肌の人には保湿も重要になります。保湿は汗かぶれの予防に最適といっても過言ではありません

そこで保湿やかゆみ、かぶれ、ぶつぶつなどの肌トラブルにおススメなのが、ヒューマンフローラです。

ヒューマンフローラの整菌スキンケアは、肌を守る善玉菌を応援するスキンケアです。

整菌スキンケアの3STEP

(STEP1 洗浄)洗う時から菌をはぐくむ

(STEP2 保湿・保水)菌を活かし育てる

(STEP3 保護)菌を守り整える

市販のケア商品の中には、過度に強い洗料も多くスキンケアによって肌の善玉菌の活動が阻害されやすいのが特徴です。

しかし、整菌スキンケアは、ただ洗い流すだけ、潤いをプラスするだけのスキンケアではなく、善玉菌を応援し善玉菌バランスが整うことで、肌本来の力を取り戻し、肌を守り、健やかさを保つという考え方に基づくスキンケアとして作られているので、本当におススメしたい商品です。

こんな方におススメ

・肌全般に悩んでいる人
ニキビ・肌荒れ・あれ性・油性肌・汗かぶれ・乾燥肌

・美白、年齢肌のケアに
日焼け・雪焼け・年齢肌・肌を引き締めたい人

・赤ちゃんや子供のケア
あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・肌を洗浄したい人

 

今なら5日間たっぷりお試しいただける、お試しセットが1,100円で購入することが出来るので肌の善玉菌のチカラを試してみるのもいいかもしれません。

公式サイトはこちら

 

「ヒューマンフローラ 整菌ラボシリーズ」の使い方

お試し用でも使用方法をしっかり守りましょう。

シャンプー

  • 頭・髪の毛を洗いましょう
  • 髪全体を濡らし、2~3プッシュ手にとり髪全体になじませます。
  • あまりごしごしこすらないで、全体を洗い、普通に流してください。

 

ボディーソープ

  • 身体(全身)を洗いましょう
  • 手、または柔らかい布に3~4プッシュ受け、軽く泡立ててそのまま全身をなでるように洗います。
  • 決してゴシゴシ洗わないように。軽くぬるま湯で流しましょう。
  • ※流す時もゴシゴシしないのがポイントです。

洗う時からお肌、善玉菌を応援し、悪い菌がすみにくい肌環境づくりを応援します。

・お肌の善玉菌を「はぐくみ・育て・活かすこと」が大切です

洗う時の3つのポイント

 

洗う時の大事な3ポイント

力を入れない、こすらない、流しすぎない

気になる部位に回数使用。

※洗顔ネット等は使用しないでください

 

 

ヒューマンフローラの口コミ

 

デメリットとしては、商品価格が若干高めですが、公式サイトから購入すると、お試し用として初回税込み1,100円で購入できるので試してみるのもいかがでしょうか?

 

通常バナー

    © 2021 汗ナビ総合情報サイト